当座預金残高_3

【簡単】日銀当座預金とマイナス金利をわかりやすく解説

投稿日:2019/6/3

更新日:2019/10/27

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

都市銀行や地方銀行には、必ず日銀に開いておかないといけない当座預金があります。

その当座預金を 日銀当座預金 といいます。

そして話題になった マイナス金利 はこの当座預金の一部のみ、かかっています。

 

日銀当座預金についてあまり詳しくない方へ、今回は日銀当座預金についてご紹介したいと思います。

 

日銀の役割についてはこちらをご覧ください。

【関連記事】

⇒ 【日本銀行の役割とは】日銀と世の中のお金の流れをわかりやすく解説

 

日銀当座預金とは

日銀当座預金は、このとおりです。
 
 
日銀当座預金:都市銀行や地方銀行などの民間銀行が日本銀行に持っている当座預金のことで、一定額は必ず預け入れないといけない。
 
 
民間銀行が日本銀行に必ず開いている口座 のことなんですね。
 
では、日銀当座預金の役割はどのようなものなのでしょうか。
 
 

日銀当座預金の役割

日銀当座預金の役割はこのとおりとなっています。

1. 金融機関が他の金融機関や日本銀行、あるいは国と取引を行う場合の決済手段
2. 金融機関が個人や企業に支払う現金通貨の支払準備
3. 準備預金制度の対象となっている金融機関の準備預金

「日本銀行ホームページ」より引用

対象となっている金融機関は、国やその他の金融機関と決済を行うときに日銀当座預金を利用するので、日銀当座預金が必要となります。

 

また、民間銀行が持つ国債を日銀が買いオペによって買ったときの代金は、日銀内にある各民間銀行の当座預金に入金されます

【関連記事】

⇒ 【図解】日銀の買いオペ・売りオペとは? わかりやすく解説

 

日銀当座預金を開設している金融機関

日銀当座預金を開設している金融機関はこのとおりです。

  • 都市銀行:三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの大きな銀行
  • 地方銀行:千葉銀行や京都銀行などの地方に拠点をもつ銀行
  • 第二地銀協加盟行
  • 外国銀行:JPモルガン・チェース銀行やバークレイズ銀行などといった海外の銀行
  • 信託銀行:三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行など
  • 信用金庫:各都道府県にある信用金庫
  • その他準備預金制度適用先

 

日銀当座預金の構造

実は、日銀当座預金は次のような3層の構造に分割されています。

日銀が金融緩和政策を行うために3層構造になりました。

 

日銀当座預金の構造
図1. 日銀当座預金の構造

① 基礎残高とは

基礎残高の計算式:基準平均残高 – 法定準備

※基準平均残高(基準平残):2015年1月から12月までの期間に積まれた当座預金の平均残高のこと

※法定準備(所要準備額):日銀に必ず預け入れなければいけない最低金額

 

基礎残高とは、一定期間に日銀当座預金に預けられた平均残高から日銀に預けなければいけない最低限の預金を引いた額 のことです。

 

これには「+0.1%」の金利がついています。

 

なお、法定準備額預金に関しては以下の記事をご覧ください。

【関連記事】

⇒ 【準備預金制度とは】日本の準備預金額と準備率についてわかりやすく解説

 

②マクロ加算残高とは

マクロ加算残高の計算式:次の3つの合計金額

  1. 法定準備預金額
  2. 貸し出し支援基金、被災地金融機関支援オペ、平成28年熊本地震にかかる被災地金融機関支援オペ
  3. マクロ加算額:日銀当座預金残高がマクロ的に増加することを勘案として、原則、3積み期間ごとに加算(計算式:基準平残 × 基準比率)

※基準比率:原則、3積み期間ごとに見直し、日銀が公表する比率

 

これらには「0.0%」の金利が付いています。

なお、この 基準比率は3ヶ月ごとに見直されている ため、現在のマクロ加算残高にかけられる比率は約30%となっています。

 

③政策金利残高とは

政策金利残高の計算式:①基礎残高+②マクロ加算残高を上回る金額

 

この超過分に対して「–0.1%」の金利がついてきます。

 

この政策金利残高につく金利がマイナスとなっているため「マイナス金利」と呼ばれています。

このマイナス金利がいわゆる黒田総裁が行った金融緩和政策のひとつでした。

 

日銀当座預金が分割されている理由

なぜこのように分割されているかというと、政策金利残高が一定となるようにコントロールしたいから です。

 

日銀が買いオペによって国債を買い取った金額を各銀行の日銀当座預金に入金するごとに日銀当座預金の超過分は増加しつづけます。

 

多くなりすぎた日銀当座預金にはマイナス金利によってさらなる増加を抑えようとしています。

 

さらに、日銀はマクロ加算残高にかけられている基準比率をひき上げることで、政策金利残高のマイナス金利の影響を和らげようとしています。

 

また、政策金利残高をもつ金融機関(計算式では③)は、余剰資金をそのまま当座預金においておくよりも、他の金融機関に資金を貸し出したほうが収益は改善されます。

 

ここからわかることは、民間銀行の日銀当座預金に適用されるマイナス金利は ごくごく一部 なんですね。

 

まとめ

今回は日銀の当座預金についてご紹介しました。

ポイントは以下のとおりです。

  • 日銀当座預金は民間銀行が必ず開設しないといけない当座預金
  • 日銀当座預金は3層構造
  • 日銀当座預金の一部にだけ「マイナス金利」が導入されている

改めてお伝えするとなると、なかなか簡単ではない構造をしていますね笑

 

一番上でもご紹介したように、日銀の役割については以下で解説していますので、合わせてご覧ください。

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る