2-1. 日本銀行とその役割

【データあり】マネタリーベースとマネーストック統計の違いと関係性とは

マネタリーベースとマネーストック

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

あなたはマネタリーベースマネーストックがどういう内容のことか理解していますか?

ニュースではよく耳にするものの、本質まで理解していないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、マネタリーベースマネーストックの違いについてわかりやすくご紹介したいと思います。

この記事のポイント3つ

  • マネタリーベース:日銀から世の中に流すお金の量、マネーストック統計:民間銀行から世の中に流すお金の量
  • 2003年から2019年までの広義流動性の増加のうち日銀当座預金の増加は約72%を占める
  • マネーストック統計(広義流動性)を増やさなければマネタリーベースを増やしても意味がない

マネタリーベースとマネーストック統計の違いとは

マネタリーベースとマネーストック統計の違い

マネタリーベースマネーストック統計の違いは以下の通りとなります。

マネタリーベースとマネーストック統計の違い

  • マネタリーベース:日銀が民間銀行を含む、世の中全体に流しているお金の量
  • マネーストック統計:民間銀行が世の中全体に流しているお金の量

となります。

<関連>【わかりやすく図解】マネタリーベースとその推移とは

<関連>【わかりやすく図解】マネーストック統計とその推移とは

マネタリーベースとマネーストック統計の関係性

このようにマネタリーベースとマネーストック統計には違いがあることがわかりました。

しかしながらこの2つが関係する点もあります。

マネタリーベースとマネーストック統計の関係性は以下の図1.で表せます。

マネタリーベースとマネーストック
図1. マネタリーベースとマネーストックの違い

図1.では

となっています。

つまりこのことから、2つの関係性はマネタリーベースはマネーストック統計の一部であることがわかります。

マネタリーベースとマネーストック統計の時系列データ

それではマネタリーベースマネーストック統計のそれぞれの時系列データをグラフで見ていきましょう。

広義流動性
グラフ3. 広義流動性の時系列データ
M1の時系列データ
グラフ1. マネーストック統計のM1にあたる時系列データ
日銀当座預金の時系列データ
グラフ2. 日銀当座預金の時系列データ

2012年から急激にM1と日銀当座預金が伸びていることがわかります。

これは2010年代に積極的に行われた日銀の黒田総裁が行った黒田バズーカの結果、M1と日銀当座預金が増加したことを示しています。

<関連>【いつから】金融政策に影響を及ぼす日本銀行から発射した黒田バズーカとは

 

グラフ1.とグラフ2.をまとめると、

となります。

さらに、2003年から2019年までの広義流動性の増加量のうち日銀当座預金の増加量は71.6%を占めていることがわかります。

マネタリーベースとマネーストック2
図2. マネタリーベースとマネーストックの違い

これらのグラフデータから言えることは3つのポイントです。

3つのポイント

  1. マネーストック統計の増加はM1にあたる預金通貨(マネタリーベースの日銀当座預金)のみ
  2. M1から広義流動性まで増えているわけではない。
  3. マネタリーベースを増加させても広義流動性まで増えていないことから世の中に出回るお金は増えない

まとめ

今回は マネタリーベース  と マネーストックと統計 についてご紹介しました。

この記事のポイント3つ

  • マネタリーベース:日銀から世の中に流すお金の量、マネーストック統計:民間銀行から世の中に流すお金の量
  • 2003年から2019年までの広義流動性の増加のうち日銀当座預金の増加は約72%を占める
  • マネーストック統計(広義流動性)を増やさなければマネタリーベースを増やしても意味がない

あおりんご

出典

出典:日本銀行データベース