準備預金残高

【準備預金制度とは】日本の準備預金額と準備率についてわかりやすく解説

投稿日:2019/6/4

更新日:2019/10/27

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

ニュースでは、「日銀の準備預金制度…」などと聞きます。

とくにマイナス金利が発表された2016年なんかはよく耳にしたと思います。

 

正直なところ「なんなの、それ?」と疑問を持たれたまま、よくわからないからほったらかしにしている方も多いのではないでしょうか?

 

名前の通り「備える預金」のことで、金融危機や経済がクラッシュしたときなどに備えるための預金のことです。

 

そこで今回は、日銀当座預金に一定額以上を預けないといけないルールである 準備預金制度 についてわかりやすく解説していきたいと思います!

 

その前に 日銀がどんなことをしているのか詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】

⇒ 【日本銀行の役割とは】日銀と世の中のお金の流れをわかりやすく解説

 

準備預金制度とは

さて、準備預金制度とはいったいどんな制度なのでしょうか。

  • 準備預金制度:対象となる金融機関(都市銀行や地方銀行)などが、受け入れている(保有している)預金などの一定比率以上の金額を日本銀行の当座預金に預け入れる義務制度のこと

 

  • 準備率:準備預金制度で預金を一定以上預け入れるための比率のこと(現在の準備率は日本銀行ホームページをご覧ください。)

 

  • 法定準備預金額(所要準備額):日本銀行の当座預金に預けなければいけない 最低金額 のこと

 

つまり、一般の銀行が持っている預金のうち、ある比率以上 (準備率) の金額を日銀に預けないといけない制度が 準備預金制度 というもので、その最低金額が 法定準備預金額 といい、このお金は各金融機関の日銀当座預金内で管理されています。

 

ではなぜ、一定額を預けないといけないのでしょうか?

 

準備預金制度の役割

その後の準備預金制度の役割としては以下のとおりです。

  1. 金融不安などで金融機関の資金繰りが悪化した場合に備えること
  2. 1. のために法定準備預金額を維持すること

となっています。

つまり 国が〇〇ショックなどで金融危機になってしまったときに銀行などの金融機関の貸し借りに困らないように備えるため ということですね。

 

1990年代前は、準備預金制度の準備率を上下に変動させることによって金融の緩和や引き締めを目的として運用されていました。

 

しかしながら、1990年代以降は無担保コールレート(オーバーナイト物)が金融市場の調節役となり、短期金融市場が発達した現在では、金融を和らげたり引き締めする方法として準備預金制度での調節は利用されなくなっています。

 

日銀の準備預金残高をデータで見る

では、現在の準備預金制度のもと、対応している次の預金額をグラフで見ていきましょう。

  1. 準備預金残高
  2. 法定準備額
  3. 超過準備額(A–B)

なお、グラフは2010年1月〜2019年4月までのデータです。

 

A. 準備預金残高

日銀当座預金 準備預金残高
図A. 準備預金残高、単位:億円(日本銀行よりデータ引用)

2013年ごろから現在まで 約300兆円 ほど増えています。

これは日本政府と日銀の「量的・質的」金融緩和政策により増加したものです。

 

日銀が民間銀行の国債を買い入れることによる買いオペを行えば、その代金は各民間銀行の日銀当座預金に振り込まれるからです。

【関連記事】

⇒ 【図解】日銀の買いオペ・売りオペとは? わかりやすく解説

 

B. 法定準備額

次に法定準備額です。

グラフは以下のとおりです。

図B. 法定準備額、単位:億円(日本銀行よりデータ引用)

法定準備額は対象となる金融機関が日銀に最低限預けないといけない預金額のことでした。

こちらも年々増加しており、2010年からですと約30兆円ほど増加しています。

 

C. 超過準備額(A–B)

図C. 法定準備額(A–B)、単位:億円
日本銀行よりデータ引用)

日銀の国債買いオペにより日銀の当座預金残高は増えていることは説明しました。

超過準備額は、日銀の当座預金残高の超過分です。

 

準備預金制度における日銀当座預金とマイナス金利の関係性

本来、金融政策の役目として終えていた準備預金制度でしたが、日銀が金融緩和して買いオペしつづけると日銀の当座預金残高の超過分が増えていきました。

 

このどんどん増えつづけていく当座預金に対処するために、補完当座預金制度によって当座預金を3層構造に分割し、この超過分に対して金利をつけることを決めました。

その金利がぼくたちもよく知るいわゆる マイナス金利 というものです。

 

日銀の当座預金の構造やマイナス金利などの解説に関してはこちらをご覧ください。

【関連記事】

 

⇒ 【簡単】日銀当座預金とマイナス金利をわかりやすく解説

 

まとめ

今回は、日銀の準備預金制度についてご紹介しました。

 

ポイントは以下のとおりです。

  • 対象となる金融機関は日銀に必ず預け入れなければいけない預金がある
  • 日銀買いオペによって、準備預金額は増えている
  • 準備預金額の超過分に対してマイナス金利を付与した

 

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る