GDPデフレーター_1

【GDPデフレーターとは】GDPデフレーターをわかりやすく解説

投稿日:2019/5/28

更新日:2019/10/12

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

ニュースを読んでいても、GDPデフレーターという言葉をよく聞きます。

みなさんはGDPデフレーターをご存知でしょうか?

経済指標はなかなかとっつきにくいかと思います。

 

そこで今回は、GDPデフレーターについてご紹介したいと思います。

 

GDPデフレーターとは

GDPデフレーターとは 名目GDP実質GDP によって決まります。

【関連記事】

⇒ 【GDPとは】名目GDPと実質GDPをわかりやすく解説

 

式は以下のとおりです。

GDPデフレーター_2
図1. GDPデフレーター

GDPデフレーターからわかること

GDPデフレーターからわかることは以下のとおりです。

  • 増加率がプラス:インフレーション
  • 増加率がマイナス:デフレーション

 

名目GDPと実質GDPの大きな違いは 物価の差 でした。

つまりGDPデフレーターは 物価がどれだけ動いたのか、変動したのかを表す指標 となります。

 

100を基準として考えれば、

  • GDPデフレーターがプラス ⇒ 物価が上がっている、日本はインフレ傾向
  • GDPデフレーターがプラス ⇒ 物価が下がっている、日本はデフレ傾向

 

データから見る日本のGDPデフレーター

内閣府が出しているデータをもとにGDPデフレーターを見ていきましょう。

GDPデフレーター_9
図2. GDPデフレーター
(「内閣府 国民経済計算(GDP統計)」
のデータより引用)

図2. をご覧いただくとわかりますように、GDPデフレーターはずっと下がりつづけています。

 

この期間だった平成はデフレに向かってる時代で、第二次安倍政権発足後の2012年〜2013年を堺にやっと底打ちしたことがわかります。

 

日本は物価が下がっている

日本の物価が下がっている状況は、名目GDPが上がっていない ということです。

 

名目GDPとは、物価変動を加えたぼくたちが日々消費するモノやサービスの総額です。

 

つまり実体験として、モノやサービスを多く消費している感覚がない、ということになります。

 

実際に、安いモノやサービスを求めていて全く消費していません笑

 

平成とデフレ

ぼくが生まれたのは平成です。

 

なので、デフレしか経験していないんですよね。

 

実際に平成は安いモノやサービスがとても流行りました。

ぼくもユニクロの服を着ますし、鳥貴族の焼き鳥を食べます。

 

「安くて、いいもの!」

をスローガンとして生きてきたようにも思います。

 

物価が上がっていくことも知りませんし、バブルも知りません。

お金を使うことに、とても億劫になっています。

 

それに加えて、最近では(まぁわかっていたのですが)

  • 終身雇用制度は持続できない
  • 年金はもらえない
  • 人生は100年計画

など

といった時代になっていますので、お金を使うことよりも若いうちから貯めることに意識がいってしまうこともよくわかります。

 

結局は自分でなんとかしないといけない

と、つらつら言い訳を書いてみましたが、最後は自分の人生ですから自己責任。

 

個人的には20代のうちから 本を読む株式投資をする といった自己投資にはげむことで 自分の未来は自分でなんとかする ことが一番よい、と考えています。

以下に関連する記事を載せておりますので、合わせてご覧ください。

【関連記事】

⇒ 【20代必見】本多静六と投資の種銭をつくるための1/4貯金の実践

⇒ 【20代が実践!】投資をはじめる金額の目安は3万円がいい3つの理由

 

自分にできること、やれることをやっていきたいと思います。

まとめ

今回は、GDPデフレーターについてご紹介しました。

 

ポイントは

  • GDPデフレーターは物価変動の値
  • 日本のデフレーターは下げ基調
  • 平成はデフレ時代

ということがわかりました。

 

言い訳を並べていてもどうすることもできないですし、この状況でも自分ができることを探してどんどん取り組むしか方法はないのかな、と考えています。

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る