3-1. お金の知識

【お金持ちだけが投資で実践】4.4倍も違うお金を増やす複利効果の力とは

複利の強み

どうも、あおりんごです。

 

みなさんは複利効果を知っていますか?

複利効果はあのアインシュタインも「人類最大の発明」と言ったように、とてつもない力を持っています。

一方で、この複利効果の力はお金持ちしか知らなくて、そしてお金持ちしか実践していません。

そこで今回はお金を増やすために必要な複利効果の考え方をお伝えしたいと思います。

要点まとめ

  • 単利と複利では約4.4倍も差が生まれる
  • 複利は若いうちにはじめないと力を発揮しない
  • 複利を人生に活かすには資産へ再投資

単利と複利の違い

まずはじめに単利と複利の違いについてお伝えしたいと思います。

その違いは以下のとおりです。

単利と複利の違いとは

単利:「預けた元本のみ」に利息がつく

複利:「元本と得られた利息」に利息がつく

となっています。

考え方は至って簡単で、預けたお金だけに利息がつくのか、預けたお金+得られた利息の合計にさらに利息がつくのか、の違いだけです。

まだイメージが描きにくいと思いますので、元本100万円、利回りを10%で計算したいと思います。

単利と複利
図1. 単利と複利の違い

図1.のとおり、単利であれば預けた元本のみに利回りが働くため、10万円分ずつ(100万円x10%)が積み上がっていきます。

一方で、複利であれば預けたお金+得られた利息の合計に利回りが働くため、3年目であれば預けた元本から33万円分((121万円x10%))積み上がります。

複利の強みと弱み

単利と複利では約4.4倍の差が生まれる

図1.をご覧いただいたように複利のほうが単利よりも積み上がる金額が多くなることがわかりました。

ここで勘づいている方もいらっしゃるかと思います。

「3年ではなくて、30年目にはどうなっているの?」と。

3年目であれば3万円ほどと微々たる差でしたが、単利と複利を30年繰り返せばどうなるのでしょうか。

次の図2.をご覧ください。

複利の強み
図2. 複利の強み
  • 単利:30年目 400万円
  • 複利:30年目 1,744万円

このように、最初は微々たるものでしたが、30年経つと単利と複利では約4.4倍の差が生まれることがわかりました。

複利効果の本当の強み

じっくりと時間をかける

30年を複利で回転させていくだけで大きな差が生まれることがわかりました。

これらのことから複利効果の本当の強みとは、以下のとおりとなります。

複利効果の本当の強みとは

じっくりと時間をかけること

はじめは微々たる差でしたが、時間をかけることによってそれが大きな差になるということです。

 

これは例えば日々の仕事にも似ています。

はじめは全く仕事ができなかった人が、日々毎日着実な訓練を積み重ねることによって成長し、時間が経つにつれて、もともと仕事ができる人を圧倒していくような様子です。

 

この複利効果は雪だるま方式ともいいます。

つまり、最初は微々たる小さな雪だるまだけど、時間をかけて転がして転がして転がすことによって小さな雪がだんだんと雪だるまについてきて、やがて大きな雪だるまになるのと同じです。

雪だるま方式
図3. 雪だるま方式

時間は若いうちからしかかけられない

複利効果を活かすためには、若いうちから複利効果を知り、実践しなければいけません。

なぜなら、複利は時間をかける必要があるからです。

何歳からはじめてもいいのですが、できるだけ若いうちに複利の考え方を知って実践することで、歳を重ねるうちに50代〜60代に大きな差となるからです。

複利効果の最大の弱み:マイナス数値(継続性)

マイナス数値

一方で、複利効果にも弱点があります。

それは、マイナス数値です。

図1.や図2.では、毎年必ず+10%が前提としていましたが、もし仮にある年の利回りが—10%となれば、このマイナスを取り戻すには次の年に+11.11%も必要になるからです。

継続性

さらに、継続性が必要となります。

30年の継続性が保たれなければ大きな差を生むことができません。

つまり、毎年続けるということが必要になります。

資産へ再投資することで複利を働かせる

複利を人生で活かしていくために重要なことは、以下のことです。

複利を人生で活かす再投資の考え方

持っている資産から生み出されたキャピタルゲインによる売買益や、インカムゲインとして得られた配当金再投資すること

これは個人型財務諸表でも説明したように、個人で資産を持つ必要があります。

個人型財務諸表3
【人生豊かに】誰も教えてくれないお金を増やす個人型財務諸表のたった1つの仕組みどうも、あおりんごです。   20代、30代のみなさん、いきなりですが「将来は人生をゆたかにすごしたい!」と考えていませんか? なかなか...

つまり、有価証券や不動産などの資産から得られたキャピタルゲインインカムゲインを、さらに有価証券や不動産などに再投資することで複利効果を働かせるというものです。

複利効果で資産をより大きな資産に
図4. 複利効果で資産をより大きな資産に

このように複利効果を高めていきます。

キャピタルゲインとは
【わかりやすく図解】株式や不動産で大切なキャピタルゲインとは どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。 みなさん、投資を考えるとき「この資産を持つ場合はキャピタルゲインを重視して買お...
インカムゲイン_1
【わかりやすく解説】インカムゲインとみんながもらっているその意味とはどうも、あおりんご(@aoringo2016)です。 みなさん、投資を考えるとき「この資産を持つ場合はインカムゲインを重視して買おう!...

まとめ

今回はお金を増やすために必要な複利効果の考え方をお伝えしました。

要点まとめ

  • 単利と複利は再投資の差
  • 単利と複利では約4.4倍も差が生まれる
  • 複利を人生に活かすには資産へ再投資

複利効果はあのアインシュタインも「人類最大の発明」と言ったように、とてつもない力を持っていることがわかりました。

さらに、この複利効果の力はお金持ちしか知らなくて、そしてお金持ちしか実践していません。

あなたもぜひ人生に活かしてみてはいかがでしょうか。

あおりんご