インカムゲイン_1

【ほぼ全ての日本人がもらってる】インカムゲインをわかりやすく解説

投稿日:2019/5/22

更新日:2019/10/28

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

みなさん、投資を考えるとき「この資産を持つ場合はインカムゲインを重視して買おう!」という判断ができていますでしょうか?

 

意外にも、しっかりとした判断ができていないために、安易に資産を買ってしまったという経験を持たれている方も多いはずです。

 

また、それぞれの投資家のオフ会にいってみると、「インカムゲインが〜」とか「キャピタルゲインが〜」とかそういったワードが出てくるかと思います。

 

なので今回はオフ会に行ったときにことばに困らないように、資産をもつときの インカムゲイン についてご紹介したいと思います。

 

合わせて読みたい!

【投資判断に役立つモノサシ】株価をわかりやすく解説

 

【図解】むずかしい企業価値の計算式と評価の考え方をわかりやすく解説

 

インカムゲインとは

インカムゲインとはつまり、
インカムゲイン:資産をもっているときに継続的に得られる利益

という意味です。

 

たとえば、

  • 株 → 配当金、株主優待
  • 債券 → 金利
  • 不動産 → 家賃

というように、どれをどれだけもっていても一定額でもらえる収入源がインカムゲインといえます。

 

株で言えば配当金とお伝えしましたが、株価に対して配当金がどれだけ出ているか、という指標は 配当利回り といいます。

配当利回りと配当性向の関係性に関しては、以下の記事で説明しておりますので、ご覧ください。

【関連記事】

⇒ 【投資判断に役立つモノサシ】配当利回りと配当性向のわかりやすい解説

 

実はみんなインカムゲインをもらってる!?

実は、日本に住む おそらく95%の人々はすでにインカムゲインをもらっている といえます。

 

「え、そんなことないよ!!!」

 

と考えているみなさん、お金は

  1. 全額現金で、もっていますか?
  2. 銀行に、預けていますか?

2. であれば、間違いなくインカムゲインをもらっているはずです。

なぜなら銀行に預けていれば必ず 銀行側から金利がもらえているから です。

 

ただ、銀行の金利はだいたい 0.001%(ゆうちょ銀行の金利(2019/5/21現在)) となっていますので、スズメの涙ほどです。

 

となると、銀行に預けておくほうがいいのか、それとも何か資産(株や不動産など)に変えておくほうがいいのか という判断になってきます。

 

インカムゲイン投資はこんな人にオススメ

株式投資で考えたとき、年間のポートフォリオの利回りがキャピタルゲインよりもインカムゲインのほうが上回るのであれば、インカムゲインをメインとした投資をオススメします。

 

インカムゲイン投資はこんな人にオススメ!!!

  • 売買が苦手な人
  • 安定して収入をもらえたい人
  • 株主優待で過ごしたい人

 

なかなか資産の売買で利益を得ることは大変です。

そのため資産をもっていても何かしら利益が発生するような投資方法をお考えであれば インカムゲイン投資スタンス がよいと言えるでしょう。

 

あの桐谷さんも!?

インカムゲインが投資スタンスのわかりやすい例でいえば、テレビなどで有名な 優待投資家の桐谷さん です。

 

桐谷さんは安定的に優待と配当をもらう投資をされています。

 

一方で、優待は持ちすぎると使い切れなくなる可能性が出てくるのですが、、笑

ぼくの知り合いの優待投資家さんもそんな感じです笑

そうなるくらいにまで資産が増やせらればいいですね!

 

まとめ

今回はインカムゲインについてご紹介しました。

 

インカムゲインの投資スタンスは

  • 資産を持っているだけで利益が得られる
  • 優待で生活がしたい
  • リスクを減らしたい

という方にオススメです。

 

ローリターンではあるものの、やり方によれば投資もローリスクに抑えることができるかもしれません。

投資するときにどういったスタンスで望むのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。

投資が初心者!という方には、投資についてとてもわかりやすく説明しておられる投資家 しんさんの本を読むことをおすすめします。

【関連記事】

⇒ 【投資家必読】『謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法』を読む3つのポイント

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る