3-1. お金の知識

【会社の現金】フリーキャッシュフローとその計算式とは

フリーキャッシュフロー

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

あなたは企業のキャッシュがどれだけ残っているのか計算したことはありますか?

そこで今回は経営した上でどれだけのキャッシュが残るのか、それを計算するフリーキャッシュフローについてご紹介したいと思います。

この記事のポイント3つ

  • フリーキャッシュフロー(FCF)とは企業が自由に使えるお金のこと
  • 営業CFから投資CFを引くことで算出
  • FCFは現在価値計算で用いる

企業価値計算で使うフリーキャッシュフロー(FCF)とは

フリーキャッシュフロー(FCF)とは

フリーキャッシュフローとは、以下のとおりです。

フリーキャッシュフロー(FCF:Free Cash Flow)とは

フリーキャッシュフローとは、企業が売り上げた金額から、材料費や人件費、設備投資金額、税金など経営に必要なすべての支出を差し引いたあとに、企業が手元に残って自由に使えるお金のこと。

フリーキャッシュフローを求める計算式は2通り。

  1. 営業利益率 x (1–税率) +減価償却費–設備投資–運転資本
  2. 営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー

2通りある計算式ですが結局求めているものは、ある一定期間(半年や一年)で企業へ入ってくるお金と出ていくお金がどれくらいで、その差し引きされたあとに企業にお金が残るかどうかを見ているものです。

なぜ手元に残るキャッシュが重要かというと、企業には入ってくるお金にも出ていくお金にも時差があるからです。

例えば、モノやサービスを売り上げて企業に入ってくるお金があることはわかっていても、お金が入ってくるまでにそのモノやサービスを売るために必要な費用の支払いが先に来てしまえばお金が支払えません

したがって企業を経営するのであれば、実際に入ってきたお金と出ていったお金で残ったキャッシュを計算することで、お金が企業に残っていくことを最重要視しなければいけないのです。

今回は2の式を中心にお話していきます。

フリーキャッシュフロー
図1. フリーキャッシュフロー

ベースはキャッシュフロー計算書となっており、フリーキャッシュフローの計算では営業キャッシュフロー投資キャッシュフローを使います。

キャッシュフロー計算書は基本的に上場企業の決算書では半年、もしくは1年のスパンでキャッシュ(現金)の出入りが計算されています。

つまりどれだけ企業にお金が残ったのかをキャッシュフロー計算書で確認できるからです。

それでは営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの説明をしていきます。

営業活動のキャッシュフロー

営業キャッシュフローは損益計算書税引前当期純利益から計算がはじまります。

税引前当期純利益に、ある一定期間において企業から実際に出ていったキャッシュと出ていかなかったキャッシュで調整します。

例えば、減価償却費は建物を企業の資産として購入したときに支払いますが、損益計算書の計算上は何年かに分けて資産を減価償却していくため、営業キャッシュフロー上ではプラス計上になります。

営業活動のキャッシュフロー
図2. 営業活動のキャッシュフロー

このようにひとつひとつ見ていくと図2.のようになります。

  1. +:損益計算書上での利益計算では減額されているがキャッシュは企業から出ていないため
  2. ―:損益計算書上での利益計算では加算されたがキャッシュは企業へ入っていないため
  3. ±:企業の本業以外の利息や配当ため
  4. ±:本業を経営するために必要な流動資産と流動負債
  5. ―:税金

となります。

これらが差し引きされて残ったお金が営業キャッシュフローとなり、基本的には営業キャッシュフローはプラス計上出なければいけません。

そうでないと、企業経営がうまくいっていなくて、残る利益が少なく、キャッシュが企業から多く出ていってしまっている状態になるからです。

つまり営業キャッシュフローとは、営業活動におけるモノやサービスを販売して利益を獲得するために、仕入れや生産を行った結果、どれだけ企業でキャッシュが生成されたのか、キャッシュの源泉を確認できます。

営業循環からのキャッシュ生成
図3. 営業循環からのキャッシュ生成

つまり、営業循環からのキャッシュ生成能力が企業にあるのかどうかということです。

これが低いのであれば企業の将来的に成長するためのキャッシュも企業に残りませんし、将来的な企業価値も小さくなるのです。

投資活動のキャッシュフロー

投資活動のキャッシュフローでは、営業活動のキャッシュフローを増やすため行われる設備投資が基本であり、最重要項目となります。

投資活動のキャッシュフロー
図4. 投資活動のキャッシュフロー

製造業であれば、一定金額の設備投資が毎年必要となります。

これは有形固定資産と減価償却費の比較がおもしろい見方ができます。

例えば有形固定資産と減価償却費を比べたときに、新たに買った有形固定資産のほうが減価償却費よりも多いのであれば積極的な設備拡張戦略が計画されていることがわかります。

一方で、減価償却費のほうが有形固定資産よりも多いのであれば生産設備の規模が徐々に縮小されていることになります。

 

これらから基本的に企業は設備投資が必要であるため、マイナス計上が普通となります。

フリーキャッシュフロー(FCF)は現在価値計算で用いられる

フリーキャッシュフローは企業の将来価値を算出して現在価値に置き換えるときに用いられます。

現在価値計算の詳しい計算は以下の記事で解説していますので、合わせてご覧下さい。

現在価値とディスカウントレート10
【わかりやすく図解】割引現在価値の計算方法と割引率の求め方とはどうも、あおりんごです。 あなたは友人からこう言われたらどうしますか? 正直、イヤな頼み事ですよね笑 ここでこの親友を突き放してし...

まとめ

そこで今回は経営した上でどれだけのキャッシュが残るのか、それを計算するフリーキャッシュフローについてご紹介しました。

この記事のポイント3つ

  • フリーキャッシュフロー(FCF)とは企業が自由に使えるお金のこと
  • 営業CFから投資CFを引くことで算出
  • FCFは現在価値計算で用いる

あおりんご