3-2. 投資(資産運用)

ROEを3つに分解すると詳細な企業分析ができるデュポン式を覚える

ROEを分解をする

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

あなたはROEの計算式が分解できることを知っていましたか?

企業をより詳細に分析したいのであればROEを分解してできるデュポン式を見ていくとよいのではないでしょうか。

ただ一方であなたは「デュポン式と言われても難しいんじゃないか、、」そう感じているかもしれません。

なのでわかりやすく目で見てわかるように図解で説明していきますので、覚えていきましょう。

それでは今回はROEを分解するデュポン式についてご紹介したいと思います。

この記事のポイント3つ

  • ROEは3つの式に分解できる
  • 総資産回転率、売上高純利益率、財務レバレッジの3つ
  • デュポン式を使うことで企業をより詳細に分析できる

ROEが分解できるデュポン式とは

ROEの計算式をおさらい

ROEをおさらいしていきましょう。

自己資本利益率(ROE)
図1. 自己資本利益率(ROE)

ROEとは自己資本利益率のことで、図1.ように成り立っています。

自己資本利益率(ROE)
【企業価値の見抜き方】資金効率性を表す自己資本利益率(ROE)の計算式と求め方とはどうも、あおりんご(@aoringo2016)です。   あなたは企業価値を見抜くための自己資本利益率(ROE)を知っていますか?   ...

そもそもデュポン式は、デュポン社が経営分析に使っていたフレームワーク

それではデュポン式の解説をしていきます。

デュポン式とは、以下のとおりです。

ROEのデュポン式とは

デュポン式とは、ROEを分解してより詳細に企業分析をおこなうフレームワークのひとつ。

デュポンとは、アメリカの化学メーカーであるデュポン(Dupont)社のことで、1920年よりこのフレームワークを使っていたことからデュポン式(DuPont Analysis)と呼ばれるようになった。

デュポン式:ROEを分解する

それではROEを分解してみましょう。

ROEを分解したデュポン式と言われるものが以下の図2.です。

ROEを分解をする
図2. ROEを分解する

図2.よりROEはこのように以下の3つに分解できました。

  1. 総資産回転率
  2. 売上高利益率
  3. 財務レバレッジ

それではひとつずつ見ていきましょう。

総資産回転率とは

総資産回転率
図3. 総資産回転率

総資産回転率とは以下のとおりです。

総資産回転率とは

総資産回転率とは、企業がもつ資産すべてがどれだけ売上につながったのかを表す指標のこと。

売上が総資産の何倍にあるか(どれだけ回転しているのか)を表す。

総資産回転率 = 売上高 / 総資産

つまり、貸借対照表損益計算書で見ていくと次の図のとおりです。

BSとPLから総資産回転率を見る
図4. BSとPLから総資産回転率を見る

図4.のように、総資産がどれだけ売上に貢献したのかを表しています。

【関連】【お金の知識をわかりやすく】人生で大切な貸借対照表とは

【関連】【お金の知識をわかりやすく】人生で大切な損益計算書とは

売上高利益率とは

売上高利益率
図5. 売上高利益率

売上高利益率とは以下のとおりです。

売上高利益率とは

売上高利益率とは、売上高に対してどれだけの利益が残ったのかを表す指標のこと。いわゆる利益率と呼ばれるもの。

数値が高いほどよいが、10%以上の売上高利益率があれば業界で優位性をもった企業価値の高い優良企業と見て良い。

売上高利益率 = 当期純利益 / 売上高

つまり次の図のとおりです。

PLから売上高利益率を見る
図6. PLから売上高利益率を見る

図6.のようにこのようにどれだけの利益が残ったのかを表しています。

財務レバレッジとは

財務レバレッジ
図7. 財務レバレッジ

最後に財務レバレッジについてです。

財務レバレッジとは以下のとおりです。

財務レバレッジとは

財務レバレッジとは、銀行からの借入金や社債発行をてこ(レバレッジ)として利用して、どれだけ負債を有効活用しているのかを表している。

そのため式は以下のとおりとなる。

財務レバレッジ = 総資産 / 自己資本

つまり次の図のとおりです。

BSから財務レバレッジを見る
図8. BSから財務レバレッジを見る

借入金などを多くすれば貸借対照表の負債項目が増えます。

そのためどれだけの借入金をしているのかが見れます。

ROEはROAから成り立っている

ROEはROAから成り立っています。

ROAの式は

ROA = 純利益 / 総資産

でした。

【関連】【企業価値の見抜き方】総資産利益率(ROA)の計算式と求め方とは

ROAとROE
ROAとROE

つまり、このことからROEはROAと財務レバレッジによって成り立っていることがわかります。

ROAとROEの関係性
図9. ROAとROEの関係性

まとめ

今回はROEを分解するデュポン式についてご紹介しました。

この記事のポイント3つ

  • ROEは3つの式に分解できる
  • 総資産回転率、売上高純利益率、財務レバレッジの3つ
  • デュポン式を使うことで企業をより詳細に分析できる

より詳細に企業を分析することで、企業の優位性を見つけ出し、フィリップ・フィッシャーのように成長する企業に投資していきたいですね。

あおりんご