1910_日銀短観

【簡単】わかりやすい日銀短観の解説 2019年10月 発表

投稿日:2019/10/2

更新日:2019/10/9

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

2019年10月1日に日銀から短観が発表されました。

それでは順にみていきましょう。

 

今回も前回の2019年6月につづき、景気は減速していることが伺えました。

(前回の短観はこちらで解説しています)

【簡単】わかりやすい日銀短観の解説 2019年7月 発表

 

日銀短観の説明はこちらのブログで紹介しておりますのでご覧ください!

【簡単】日銀短観を確認するための3つのポイント

 

 

合わせて読みたい!

【簡単】日本政府と日本銀行の貸借対照表からみる「増税不要」のわかりやすい解説

 

【簡単】日銀当座預金とマイナス金利のわかりやすい解説

 

【歴史に学ぶ】経済サイクル ①昭和金融恐慌がおこるまで

 

業況判断DI

まずは業況判断DIです。

業況判断DI
図1. 業況判断DI 日銀短観より
業況判断DI (続)
図2. 業況判断DI (続) 日銀短観より

業況判断DIの赤枠でかこっているところをみると、全産業で前回の2019年6月よりも景気は 悪化 していることがわかります。

 

製造業は2019年6月につづき軒並みマイナスになっています。

 

一方で、非製造業は通信や情報サービスは活況しており、不動産や建設も回復してきていることが伺えます。

 

次にチャートで見てみましょう。

業況判断DIの推移(製造業)日銀短観より
図3. 業況判断DIの推移(製造業)日銀短観より

製造業は2015年、2016年くらいにまで落ちてきていることがわかります。

 

業況判断DIの推移(非製造業)日銀短観より
図4. 業況判断DIの推移(非製造業)日銀短観より

非製造業は横ばいといったところです。

 

需給・在庫・価格判断

つづいて、需給・在庫・価格判断を見ていきましょう。

需給・在庫・価格判断 日銀短観より
図5. 需給・在庫・価格判断 日銀短観より

こちらでは全産業において、モノやサービスが過剰に供給されており、在庫は増えていることがわかります。

 

ということは、モノやサービスが供給されすぎていて売れずに在庫を抱えている結果、日本経済が停滞している ことがうかがえます。

 

モノやサービスを売るためには買ってもらえるまで価格を下げなければいけません。

よって、販売価格は下落しています。

 

つまり、デフレはつづいている ということですね。

 

設備投資など

設備投資・研究開発投資額

つづいて、設備投資・研究開発投資額を見ていきましょう。

設備投資・研究開発投資額 日銀短観より
図6. 設備投資・研究開発投資額 日銀短観より

設備投資額では、大企業は設備投資を増えていますが、中堅・中小企業の設備投資は前年度比では少なくなっていることがわかります。

 

研究開発投資額に関しては、全企業においても増やしているようです。

ソフトウェア投資額

ソフトウェア投資額を見ましょう。

設備投資・研究開発投資額 日銀短観より
図7. 設備投資・研究開発投資額 日銀短観より

全体的にソフトウェア投資額が上がっています。

 

業況判断DIで見た通信や情報の調子がいいのは、企業全体(特に中堅・中小企業)でソフトウェアに投資しているからだということがわかりました。

 

土地投資額

設備投資の最後に、土地投資額を見ていきましょう。

土地投資額 日銀短観より
図8. 土地投資額 日銀短観より

中堅企業の製造業以外は土地投資に積極的ではないようです。

 

資金繰り・金融貸出態度

最後に、企業の資金繰りと金融貸出態度を見ていきましょう。

企業の資金繰り

企業の資金繰り判断 日銀短観より
図9. 企業の資金繰り判断 日銀短観より

企業の資金繰りは、平成がはじまった年から比べると一番いい状態で、かなり「楽である」ようです。

 

また赤線のとおり、資金繰りの状態は 昭和最後のバブル期に近い水準まで回復している ことがわかります。

 

金融機関の貸出態度判断

金融機関の貸出態度は、金融機関のお金の貸出が「ゆるい気持ち」か「きびしい気持ち」かの判断です。

 

金融機関の貸出態度判断 日銀短観より
図10. 金融機関の貸出態度判断 日銀短観より

現状の金融機関の貸出は「ゆるい」と判断されており、平成はじまって今の貸出がゆるい状態であることが伺えます。

 

またこちらもバブル期まで回復していることがわかります。

 

個人的に金融機関の貸出がゆるい原因は、金融機関は民間の借り手が少なく、利益が上げられていないので、貸出金利を下げてでも貸し出さないといけない状況である、と考えています。

 

まとめ

今回は2019年10月1日に日銀から発表された日銀短観をみてきました。

 

前回の6月につづき、モノやサービスが過剰に生産されており、在庫がたまりつつあって、価格を下げてでも売らないいけない状況なので、日本経済は停滞しているようです。

 

企業が在庫を多く抱えることになれば、在庫の減損リスクも高まります。

またキャッシュフローも悪くなる可能性が高くなります。

 

米中貿易摩擦の影響もあるなかで、日本経済はきびしい状況であることがうかがえました。

 

こんな日本経済ではありますが、投資していくにあたって良い企業をひとつひとつ吟味していきたいと考えています。

 

合わせて読みたい!

【簡単】マネタリーベースとマネーストックのわかりやすい解説

 

【投資あるある!?】投資家がコントロールできる4つの行動

 

【投資判断に役立つモノサシ】新高値・新安値更新銘柄を指標とするわかりやすい解説

 

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る