【ちょい亜種!?】『グリーンブラッド投資法』を読む3つのポイント

どうも、あおりんごです。

 

グリーンブラッドは他の投資本でもよく紹介されているため、とても気になっていた本です。

有名なグリーンブラッドを見ていても、ベースとなっているのは投資界のあの3巨匠なんですね!

今回は『グリーンブラッド投資法』についてご紹介したいと思います。

ストーリー

著書:グリーンブラッド投資法

著者:ジョエル・グリーンブラッド

発行日:2001年 9月 10日 第1刷発行

アマゾンの評価:3.5

 

就職するためには大学、大学院、MBAといった学歴がとても重要になってきます。

一方で、投資という観点ではそういった学歴が全く必要なく、市場参加者全員と対等な立場で戦えるという点が非常に好感が持てます。

つまり、学歴があっても投資で大損することはザラにありますし、逆に学歴がない人でも大きな財産が築けることもできます。

実際にオフ会でもさまざまな方とお話する機会がありますが、それぞれのバックグラウンドは十人十色です。

グリーンブラッドはこういった内容を以下のように述べています。

もし読者の目的が市場実績に勝つことなら、1流大学のMBAとか博士号などといったものは実際、なんの助けにもならないということだ。

「グリーンブラッド投資法」P12, P13

そんな学歴を気にしなくても投資で勝てる可能性のある方法をグリーンブラッドは教えてくれます。

読む3つのポイント

①ベースは3巨匠

グリーンブラッドも投資界の偉大なる3巨匠をベースとして投資をしています。

それは、

  • ベンジャミン・グレアム
  • ウォーレン・バフェット
  • ピーター・リンチ

です。

彼らの投資をベースにしているということは、PERやPBR、勝負する場所(つまり自分の得意な分野)などを選んで投資しているということです。

これはぼくたちがこの3巨匠から学んでいることと、資産を築いたグリーンブラッドがやったことは同じことです。

つまり、うまい人から素直に吸収することで資産が大きくなることが学べます。

そして、グリーンブラッドはこう言っています。

巨匠立ちの教えを投資に生かすことは、少なくとも投資の決定が重荷になったときには助けになる。(中略)投資の巨人たちの基本的な原則に従うことによって正しい場所に焦点を合わせ続けられるのだ。

「グリーンブラッド投資法」P41

迷ったときは、偉大な投資の巨匠たちの原則に戻ってくることが大切です。

②アップサイドよりダウンサイドに焦点

これはぼくがこの本を読んで、もっともイタかった一言です。

どういうことかというと、上昇相場ではイケイケドンドンで上がっていき、どれくらい上が目指せるのかを考えると思います。

一方で歴史を見てみると、強烈な下げ相場がきたとき、または2018年のような乱高下する株式市場が一般的なわけで、そのなかでもどうやってポートフォリオ全体を毎年プラスにさせるのかを考えなければいけません。

ということは投資は、複利を効かせるためにポートフォリオ全体を大きくさせるか、に神経を注ぐことが一番よいということです。

 

これを基本とするのであれば、大きなアップサイドを求めるよりも、ダウンサイドを考えながら手堅く複利のちからを生かすことのほうが将来的には大きなパフォーマンスになっている、という考え方にいきつきました。

長い目線で投資をやっていきたいのであれば、複利を生かすためには安全域を重視し、マイナスは避けよ、ということです。

③ちょっと違った投資法

そんなグリーンブラッドですが、本書では他の巨匠とは違った、亜種な投資法に注目しています。

  • 企業分割
  • 企業再編成
  • マージャー・セキュリティーズ
  • 合併
  • 引受権の売出し
  • 資本再編成
  • 倒産
  • リスク・アービトラージ

これらはどちらかといえばネガティブ要素の強いキーワードかと思います。

総じて言えることは、どれも市場価値と本当に企業がもつ価値とのギャップを探せということです。

つまり、これらが起こったときに企業価値よりも市場が評価している価格のほうが断然に安くなる場合があるので、そのギャップを見つけて投資しようということです。

一方で、この上記した投資方法が日本で通用するかはわかりませんが、、

まとめ

本書は投資界3巨匠をベースにして、グリーンブラッドがちょっとスパイスを加えた投資の紹介になっています。

つまり、

①ベースは3巨匠

②アップサイドよりダウンサイドに焦点

③ちょっと違った投資法

とても薄い本でわかりやすいですので、一度読んでみてはいかがでしょうか。

参考文献

ジョエル・グリーンブラッド(2001)『グリーンブラッド投資法』パンローリング社.

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る