キャピタルゲインとは_1

【簡単!!】キャピタルゲインのわかりやすい解説

投稿日:2019/5/22

更新日:2019/9/8

 

どうも、あおりんご(@aoringo2016)です。

 

みなさん、投資を考えるとき「この資産を持つ場合はキャピタルゲインを重視して買おう!」という判断ができていますでしょうか?

 

また、それぞれの投資家のオフ会にいってみると、「インカムゲインが〜」とか「キャピタルゲインが〜」とかそういったワードが出てくるかと思います。

 

なので今回はオフ会に行ったときにことばに困らないように、資産をもつときの キャピタルゲイン についてご紹介したいと思います。

 

合わせて読みたい!

【意外とわかっていない!?】インカムゲインのわかりやすい解説

 

【投資判断を測るためのモノサシ】現在価値とディスカウントレートの解説

 

【MMTって!?】日本の国債と現代貨幣理論の解説

 

【投資判断を測るためのモノサシ】PERとディスカウントレートの関係性のわかりやすい解説

キャピタルゲインとは

キャピタルゲイン:資産を売買することで得られる利益

を指します。

 

たとえば、

  • 株 → 30万円で買った株が35万円で売れた
  • 債券 → 額面100万円を95万円で買った債券を満期まで保有した
  • 不動産 → 1,000万円で買った不動産が1,100万円で売れた

というように、買ったときよりも高く売れた場合に発生する利益のことです。

 

キャピタルゲインはインカムゲインよりもリターンが大きい!?

キャピタルゲインは、インカムゲインよりも高いリターンが狙えます。

 

たとえば、株式のインカムゲインの年間配当利回りはだいたいよくて3~4%ほどです。

しかしながら、キャピタルゲインは年間で10%や20%、または2倍、3倍と得られるリターンは大きくなる可能性がある からです。

 

大きなリターンが期待できる一方で、もちろん値下がりリスクもあります。

  • 買った株が大きく下がっていった
  • 買った不動産に価値が失われていった

というようなことがおこります。

 

したがって、 ハイリターン ではあるものの ハイリスク となります。

 

キャピタルゲイン投資はこんな人にオススメ

株式投資で考えたとき、年間のポートフォリオの利回りがインカムゲインよりもキャピタルゲインのほう上回らせたいという人にはオススメです。

 

キャピタルゲイン投資はこんな人にオススメ!!!

  • 売買が上手な人
  • リスクをとってハイリターンを狙っていきたい人

 

短期間で大きくリターンを得られる可能性もあります。

 

まとめ

今回はキャピタルゲインについてご紹介しました。

 

まとめると、キャピタルゲインは

  • 資産の売買益を狙った収入の獲得
  • 売買が得意な人にオススメ
  • ハイリスクではあるもののハイリターンを狙える

となります。

 

投資スタンスを考える上で、キャピタルゲイン狙いなのかインカムゲイン狙いなのかで、大きくスタンスは変わってきます。

 

個人的ハイリスクではあるものの売買益を狙った投資スタンスの方が、リスクを低く抑えるためにいろんな調査をして資金を投じるため、とても勉強になることが多く、深くておもしろ味が出てきます。

 

インカムゲインがノーリスクか、というわけでもありませんのでどの道を選んだところで、リスクを把握する、理解することは必須となります。

 

キャピタルゲインの投資スタンスでチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

あおりんご

 

合わせて読みたい!

【意外とわかっていない!?】インカムゲインのわかりやすい解説

 

【投資判断を測るためのモノサシ】配当利回りと配当性向のわかりやすい解説

 

【投資判断を測るためのモノサシ】PERの解説

 

【投資判断を測るためのモノサシ】企業価値のわかりやすい解説

 

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る