ブロックチェーンがよく分わかる本

【未来を変える?】 近未来に訪れるブロックチェーンの実態とは

更新日:2019/5/7

どうも、あおりんごです。

 

今回は、みなさんすでにご存知の方は多いかと思いますが、
未来を変える可能性があると言われている「ブロックチェーン」についてのご紹介です。

正直、ぼくも全く理解しておりませんでした。

ブロックチェーンがよく分わかる本
ブロックチェーン最前線

ブロックチェーンってなに?美味しいの??

うーん、未来の経済を変えるテクノロジーと言われているので、おカネになる可能性があるという意味では美味しいかもしれません笑

 

ブロックチェーン:大切な情報をあるネットワーク上に記録するノート、言わばネットに保存する台帳
です。


つまり、法人及び個人の大切な情報(送金の取引)の記録をネットに保存できるシステムです。

セキュリティは大丈夫?

基本的に 改ざんできないシステム であるため、大丈夫だと言われています。

が、完璧なシステムはないと思いますので、見えていないリスクはあるでしょう。

ブロックチェーンで何ができるの?

ブロックチェーンの種類によっては、管理などのいろんな 真ん中を省くこと ができます。

ブロックチェーンの種類(EthereumやNEMなど)はまたの機会でご説明します。

中間を省くって?

例えば、ブロックチェーンは過去の記録の改ざん書き換えは難しいため、過去の記録情報は証明になります。

 

なので、今まで銀行や金融機関が人数をかけて厳重に管理してきた企業や個人の取引データや与信管理などは、書き換え不可なブロックチェーンの保存データを見ればすぐにわかるので、真ん中を省くことができる。

ということです。

ブロックチェーンのメリット・デメリットは??

メリット:効率化、コストダウン、セキュリティ、、など

デメリット:電力問題、容量問題、多数決承認問題、、など

 

ブロックチェーンはテクノロジーなので、今までできなかったことが改善される一方で、
日本でも問題になっている電力やハードディスクの容量の限界が課題ともなっています。

ブロックチェーン=ビットコインじゃないの??

さて、ここまで読んでいただいて、頭の中にずっっっと残っている疑問点がある方もいらっしゃるかと思います。


「ブロックチェーン=Bitcoin」じゃないの??と。

混同されることが多いですが、半分正解です。

 

なぜなら「Bitcoin」考案者であるサトシ・ナカモト(誰なのか、日本人かどうかもわかっていません)が2009年にBitcoinの運用を開始したときに、その取引データをネットワーク上に保存するために考え出されたシステムが ブロックチェーンプラットフォーム だからです。

 

もともとBitcoinのブロックチェーンは 「Aから1BTCBに送る」 といった取引データしか保存できないシステムになっているようです(BTC:Bitcoinの単位)。

 

非常にざっくりとブロックチェーンをご説明しました。

実は、Bitcoinやブロックチェーンが登場してからもう10年になるんですね!
ぼくたちは投資家であるので、これらを理解して投資できればいいですね。

 

あおりんご

参考文献

  • ブロックチェーン最前線
  • 図解入門 最新ブロックチェーンがよ~くわかる本

 

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る