MBAバリュエーション

【企業価値を計算!】『実践 MBA 2 バリュエーション』を読む3つのポイント

どうも、あおりんごです。

 

今回は『 実践 MBA 2 バリュエーション 』についてご紹介したいと思います。

 

株式投資がよくわからない、企業価値ってなに?と悩まれている方にオススメです!

MBAバリュエーション
図1. バリュエーション

ストーリー

著書:実践 MBA 2 バリュエーション

著者:森生 明

発行日:2001年 10月 22日 第1刷発行

アマゾンの評価:4.0

 

この本は、森生氏がM&Aの実践に焦点を当てて書かれました。

 

また個人的な感想としては、わかりやすい時価総額(株価)と、わかりにくい企業価値の間にある 大きな隔たり を近づけてくれる本のように感じます。

 

時価総額と企業価値について理解がとても深まります。

読む3つのポイント

ガチョウの例が本をリード

こういったMBAとか企業価値の本を読むのってすごい抵抗感ありませんか?

 

めちゃくちゃ数式が多くて、教科書チックで、頭が疲れるという印象が強いと思います、、

 

ですが、森生氏が企業価値について説明される最初の方に出てくる ガチョウの表現 がぼくは好きです。

「あなたが今ここに一匹のガチョウを持っているとする。(中略)殺して食べたい、卵を産ませて食べたい、ペットとして鑑賞したい、、(中略)そのガチョウに子を産ませて、それをまた売って金を儲けようという動機は「投資価値」に基づく価格決定である。」

「実践 MBA 2 バリュエーション」より引用

つまり、ガチョウはいろんな用途になりますが、子を産ませることによって2匹になります。

 

またガチョウが増えていくことで、卵を産む量も増えていきます。

 

増えた卵やガチョウを売ることでお金になります。

 

これを会社として例えを戻すのであれば、会社の値段(いわゆる企業価値)はそれを生み出す 利益や現金(キャッシュ)によって決まるということです。

 

 

このガチョウは、とっつきにくくて難しいと感じる内容をわかりやすくしてくれる、とてもありがたい旗振り役になってくれます。

現在価値のわかりやすい説明

みなさん 現在価値 という単語はご存知でしょうか?

 

ぼくは最初、まったく知りませんでした。

例文を本書よりお借りしますと、

「国があなたに、「子孫末裔まで、永久に毎年100万円を支払いつづけることを約束するからそれと引き換えに今税金として2,000万円納めて欲しい」という提案をしてきたらあなたは受けるだろうか。(ディスカウントレート:10%)」

「実践 MBA 2 バリュエーション」より引用

なんか日本で本当にありそうなお話ですよね笑

 

 

答えは「その2,000万円を現在の価値に計算すると1,000万円の価値にしかなりません(あとの判断はみなさんにおまかせします)。」

 

2,000万円納める!、と答えてしまうのであれば今すぐにこの本を読んでいただきたいです!

 

ぼくもまったく知らなかった現在価値を理解するのに苦労しましたが、この本を読んでスッとわかるようになったことをおぼえています。

実践 MBA 2 バリュエーション_2
図2. 「実践 MBA 2 バリュエーション」より引用

時価総額と企業価値の関係性の理解が深まる

さて、例に出したガチョウは市場でいつも価格(時価総額)がつけられていますが、どれが割高で、どれが割安なのか、これはいつも投資家を悩ます問題です。

 

時価総額は大きく上下に動き回るのに、企業価値は大きく変わっていません。

 

では何が企業価値になるなのでしょうか。

ガチョウの例でもご説明したように、

 

  1. 企業は多くのキャッシュを生み出す仕組みか
  2. 企業がなくなったときに、株主に返ってくる価値がどれだけ残っているか

 

という点です。

 

投資家は、これらが時価総額と比較して高いか?安いか?をみています。

まとめ

今回は『 MBA2 バリュエーション 』についてご紹介しました。

 

まとめますと、

 

  1. ガチョウの例が本をリード
  2. 現在価値のわかりやすい説明
  3. 時価総額と企業価値の関係性の理解が深まる

 

が、本書のオススメポイントです。

 

株式投資がよくわからない、企業価値ってなに?と思っている方にはオススメですので、ぜひ読んでみてください。

 

あおりんご

参考文献

  • 森生 明(2001)『MBA2 バリュエーション』日経BP社.

 

 

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る