投資に活かすための、たった1つの読書術2

【読書力!】投資に活かすためのたった1つの読書術

どうも、あおりんごです。

 

投資をスタートさせた、または投資をスタートさせたい!

 

でも何から始めたらいいかわからない、、という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方におすすめなのが、読書 です。

 

いざやってみると、、投資本、、難しい、、ってこともよくあります。

自己啓発本やエッセイ、小説とかだとサーーーっと読めたりしますが、正直、投資本など難しい本を読むとなると大変だなぁと感じる方も多いと思います。

 

実際にぼくはそう感じてました。

 

そこで、投資を始められた方々に向けて、ぼくが実際にやった投資本を読むための1つの方法を書きたいと思います。

 

合わせて読みたい!

【若いうちからの習慣!】1/4貯金の実践

【実践!】良書に出会うための3つの方法

【投資初心者必見!】投資のスタートラインに立つための読書力

投資に活かすための、たった1つの読書術2

専門用語、わからない(投資本は難しいもの)

正直、投資本って本当に難しいですよね笑

専門用語が多すぎてぼくも何言ってるのか サッパリわからないこと、よくあります。

 

PER、PBR、ROA、ROE、、

 

え、何が違うの?? みたいな。

で、おすすめされた本を読んでみたはいいものの、普段使わない専門用語がバッと目に入ってきて、本をそっ閉じ。

 

ぼくも最初はこんな経験をしていました。

 

ただでも、なんか 悔しい じゃないですか。

 

せっかく投資を始めて、勇気出して恐る恐るオフ会に行った のに、やっぱりみんなが話していることがよくわかならくて「私には向いていない」って思いながら、しょんぼり帰るのは、なんかちょっと悔しいです。

 

どんな大物投資家さんでも、最初はみなさんそんな経験をされていたと思います。

そんな悔しい思いをしなくてもいいように、少なくとも本の知識は持ってみませんか?

投資本を読むための手順

さて、それでは本の知識を持つための手順をお教えしていきましょう。

 

【手順】

①投資本を1冊選び、買う。

②1周目、内容がわからなくても、とりあえずサーッと読む。

③2周目、わからないところをちょっとずつ考えながら読む。

④3周目、2周目でわからなかったところを調べ、深く考えながら読む。

⑤4周目、「重要だなぁ」と思うところにマーカーを引きながら読む。

⑥5周目、引いたマーカーを確認しながら読む。

 

これだけです。

1ヶ月くらいかけて5周くらい読めば、本の8割くらいの内容はわかってくるはずです。

①投資本を1冊選び、買う。

まずは、本を選んでください。

 

なんでもいいと思います。

 

何を始めるにしてもそうですが、まずは分厚い本ではなく、うっすい本をおすすめします。

②1周目、内容がわからなくても、とりあえずサーッと読む。

まず1周、とりあえずわからなくてもいいからサーッと読んでください。

 

わからないことが引っかかってもいいのでとりあえず最後まで目を通してみてください。

 

これだけで、この本にどういうことがなんとなく書いてあるのかわかります。

 

そして最初に理解しようとすると、あまりにもわからなさすぎて嫌いになるかもしれません。

 

だから理解することはあとにして、とりあえずわからなくてもいいから最後まで目を通してみてください。

③2周目、わからないところをちょっとずつ考えながら読む。

1周目が終わったら、2周目に突入です。

 

1周目でどんな内容なのか、用語などわからないなりに覚えているので、2周目はわからない箇所を前後に解説などが書いている場合がありますので、そこをちょっとずつ考えながら読み進めます。

 

用語はスマホなどで調べながら読むのもいいかもしれません。

④3周目、2周目でわからなかったところを調べ、深く考えながら読む。

3周目突入です。

 

ここで、やっと深く考えながら読むことをおすすめします。

 

2周目が終わればやっと本全体でなんとなく書いていることがわかってきます。

 

3周目で理解を深めます。

 

わからないなら読み返したり、内容の理解に努めます。

⑤4周目、「重要だなぁ」と思うところにマーカーを引きながら読む。

4周目、読み返して「重要だなぁ」と思うところにマーカーをひきます。

 

最初にマーカーを引かない理由は、全部が大切!と考えてしまって、本がすべてマーカー色で染まってしまう場合があるからです。

↓経験済み笑

「投資で一番大切な20の教え」より引用

むちゃくちゃ引きまくってますよね笑

 

なので、だいたい理解ができはじめたところで、マーカーを引きます。

⑥5周目、引いたマーカーを確認しながら読む。

ここまでくれば、8割くらいは本の内容が理解できていると思います。

 

最後の詰めといったところでしょうか。4周目で引いたマーカーを読むことで、頭の中で確認できます。

読むときの2つのポイント

【ポイント1】①、②をサクッと通る!!

何を選んだらいいのかで迷う必要はないと思います。

 

また、わからない内容もサーッと通り抜ける力も必要かと思います。

 

「何書いてんのかわかんねーや」くらいの気持ちで読むことをおすすめします。

【ポイント2】重ねることが大事!!

知識を1回で詰め込むのではなくて、重ねることが大事です。

 

テストの一夜漬けはすぐに忘れるように、本も同じです。

 

難しい本でも最初は理解ができなくても、何回も同じ1冊を読み重ねていくことで、いつの間にかすりこまれていき、だんだん覚えていきます。

まとめ

投資本を読むための方法をお伝えしてきました。

 

なかなかハードだな、、と思われた方も多いかもしれません。

 

ですが、これを1回だけでもできれば、また別の本を読んだときに1度詰め込んだ知識がベースとなりますので、理解しているところはさっと読めますし、抵抗なく投資本を読むことができます。

 

 

5回読む。簡単なことです。

1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

あおりんご

 

合わせて読みたい!

【実践!】良書に出会うための3つの方法

【投資初心者必見!】投資のスタートラインに立つための読書力

【若いうちからの習慣!】1/4貯金の実践

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る