投資のスタート金額は3万円がいい!!!

【20代が実践!】投資のスタート金額は3万円がいい!!!

どうも、あおりんごです。

 

世間では、投資を始めたほうが老後のため!と賑わしています。

 

そんな中で、ぼくは一番最初に投資をはじめるときの投資額は小さい方がいいと考えています。

いきなり大きな金額を突っ込むことも悪くはないのですが、例えば1,000万円が次の日に500万円になることがザラに起こる場所です。

その損失に応えられるメンタルがあるのであれば問題ありませんが、なかなかそういう人も多くはないと思います。

始めたいけど、大きい金額を突っ込むのはイヤだ!!!という方に単元未満株をオススメします。

投資のスタート金額は3万円がいい!!!

少額から投資をはじめよう

かなり大きな金額を株式市場に突っ込むと少しの損失も金額が大きくなってしまうため、まずは小さい金額からスタートさせることが望ましいです。

 

小さい金額といっても人それぞれかと思います。

ぼくと同世代の方であれば、用意できる金額もまだまだ多くはないはずです。

なので、株式相場に慣れるためにもスタートは

 

 

3万円!!!

 

 

くらいから始めましょう。

 

この金額は学生の方でもバイトで稼げる小さい金額ですし、社会人の方であれば簡単に出せます。

また、結婚されている方でもリスクは少ないのではないでしょうか。

 

ぼくも実際に、学生(21歳)のときに証券口座を開いて最初に突っ込んだ金額は3万円でした。

 

 

今でも覚えています。

3万円が2万8000円になるのを目の前にして、恐怖を覚えました笑

こんな少額なのに、、、小心者丸出し、、、笑笑

 

だって買った株が次の日にお金が減ってるんですよ?

そんな感覚は学生ではなかなか味わえません。

 

ここで、こんな疑問が湧いてくるかと思います。

 

え、、でもそんなに小さい金額から始められるの!!!???

 

始められます。

 

3万円くらいからでも、ゲームや体験では味わえない相場感覚がわかると思います。

まずは第一歩を踏み出すために、3万円から始めてみましょう。


単元未満株の活用

さて、ではどうやって3万円からはじめるのか、です。

3万円で買える単元株(100株)はなかなかありません。

ましてや、ほしいと思っていた企業は単元が30万円だったりと高かったりもします。

 

そこで登場するのが 単元未満株 の活用です。

単元未満株
図1. ワン株(「マネックス証券」より引用)

単元未満株はいわゆる 100株未満の単位での売買ができる!!! 初心者の方向けの取引方法です。

 

例えば、このマネックス証券のサービス(ワン株)を利用することで、怖い相場観もお金が減るリスクは小さくなり、なによりお小遣い程度の売買ができるようになりますので、投資をスタートさせやすい環境が整います。

 

ぼくも一番最初は、マネックス証券のワン株を使って単元未満株により投資をスタートさせました。


単元未満株のメリット・デメリット

ワン株のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリットは上述しておりますが、

【メリット】

  • 資金が少なくても売買が可能
  • 株価変動を実体験できる

【デメリット】

  • 利用できる証券会社が限定(2019年3月現在:SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券)
  • 注文方法は成り行きのみ
  • 権限が限定(議決権、少数株主権、株主優待がもらえない)※配当有り

 

 

つまりデメリットはあるものの、投資をスタートさせるには特段問題になることはないかと思います。


まとめ

相場の天候は変わりやすくいつでも荒れ模様です。

晴れていたと思えば、2018年12月末のような大暴落もあります。

 

株式投資はそんな中でやります。

 

いきなり大きな損を経験するよりも、小さな金額からはじめて相場がどんな場所なのかを知ることも大切だとお思っています。

 

なので、はじめは軍資金はいっぱいあったとしても、まずは3万円から始めてみて単元未満株で相場の感覚を味わってみましょう。

あおりんご

投稿を作成しました 92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る